指輪

一生ものの結婚指輪|最近人気のデザインを知ろう

身に付けたい衣装

レディー

ネックラインで印象付ける

ウェディングドレスはライン選びに注意が必要で、特にネックラインは好みではなく、体型やイメージにあわせて選ぶことを重視すべき内容です。ラウンド・V・ビスチェなどは一般的に選ばれやすく、取り入れやすいラインですが、個性的なブライダルシーンを演出するケースが増えるようになり、ウェディングドレスのデザインもシンプルなモノから個性的なデザインへと変遷されています。例えば、首に沿って立った襟のスタンドカラーは肩から首までを覆うタイプで、透ける素材で女性らしい上品さを演出できます。しかしながら、立て襟であるために首が長い方には向いていますが短い方には不向きなラインです。またハートシェイプは近年人気を集めているものの、胸元が広く開いているため、胸のボリュームによって印象が左右されやすい特徴的な胸元の開きが挙げられています。

小さな女の子向け

ブライダルのシーンにおいて、花嫁の入場シーンでバージンロードを歩くベールガールを採用するケースは増えています。花嫁が着用する純白のウェディングドレス同様、小さな身の丈にあわせてベールガール向けにもウェディングドレスが提案されています。スカートの部分が釣鐘のような形をしたベルラインは、腰の部分からベルのようにふわっとした膨らみを持たせており、年齢的に体型にメリハリの少ない小さなベールガールの着用に向いています。花や草冠などをポイントにあしらうなど、花嫁を引き立てるためのシンプルな造りとなるドレスにあわせ、妖精や天使のイメージのコーディネートが展開され、式を可愛く演出してくれると評価されています。